Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

新作紹介:「ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜」

「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」や「精霊の守り人」、「東のエデン」などで知られる神山健治氏が最新作のテーマに選んだのは「夢」。平凡な女子高生、森川ココネが突然警察に捕まってしまった父親を救うべく唯一の得意技である「ひるね」を武器に、舞台である岡山県倉敷市から東京を目指すロードムービーだ。

物語は東京オリンピックが迫る2020年夏の出来事。現実からもほど近い未来では、拡張現実や自動運転技術が今よりも少しだけ発展を遂げている。スマホやタブレットの姿形は見慣れたもので余計にリアルだ。主人公は、進路や友達や家族のことで悩みながらも居眠りばかりしている平凡な女の子。しかしそんな彼女は最近、不思議なことに同じ夢ばかりを見るようになる。オリンピックの3日前、突然父親が警察に逮捕され東京まで連行。ときを同じくして不審な男に狙われたりと不可解な出来事が起き始める。やがてココネはいつも見ている夢にすべての事態を解決する鍵があることに気づく。

image
 

本作は神山監督のオリジナル脚本による長編アニメーション。企画の発端は日本テレビの奥田誠治プロデューサーに「自分の娘に観せたい映画を作ったらどうだろう」と声をかけられたのがきっかけだったという。ごく普通の森川ココネは「ちょっとだけ行動力のあるヒロイン」。その行動力によって物語が進展していく姿をみて「意外と行動できちゃうものだよ」という気持ちになってくれれば、と監督は語る。

主人公のココネを演じるのは連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で主人公を演じた高畑充希。神山監督は高畑のふわっとした声が「ひるね姫」というタイトルに合っていたと評しており、その声は映画を決める重要な要素だったという。森川ココネの幼馴染、モリオを演じるのは満島真之介。ココネの父親役には声優初挑戦となる江口洋介。いずれも映画の舞台となる岡山の方言での演技に挑んだ。

映画の主題歌である「デイ・ドリーム・ビリーバー」は、映画の主人公である森川ココネ(声:高畑充希)が歌う。主題歌も映画の一部であると考える神山監督は、主人公の気持ちを代弁するような歌だからこそ主人公に歌って欲しいと高畑にオファーした。

image
 

■公開情報
『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』
2017年3月18日(土)全国ロードショー
原作・脚本・監督:神山健治
キャスト:高畑充希、満島真之介、古田新太、釘宮理恵、前野朋哉、高橋英樹、江口洋介ほか
音楽:下村陽子
キャラクター原案:森川聡子
作画監督:佐々木敦子、黄瀬和哉
制作:シグナル・エムディ
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)2017 ひるね姫製作委員会
公式サイト:http://www.hirunehime.jp

Remove all ads

【スポンサーリンク】