Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Sunday Pickup

週末は注目作品の公開が続々。
今週おすすめの旧作は「トレインスポッティング」(1996年:ダニー・ボイル)、「タンジェリン」(2015年:ショーン・ベイカー)、「ジョン・ウィック」(2014年:チャド・スタエルスキー)。


■トレインスポッティング(原題:Trainspotting)
8日より続編「T2 Trainspotting」が公開となるトレインスポッティング。

www.siteabout.tokyo
本編を観た事がなくてもパッケージは見かけたことがある、という人も多いのでは。ジャンキーたちの姿をリズムよくドラマチックに、ときにばかばかしく刹那的に描いた歴史に残る作品。疾走感あふれまくりなのは若者のパワーではなくドラッグのおかげか、それともその両方か。復習がてら、あるいは予習がてらにぜひ続編とあわせて楽しんで欲しい。

 



■タンジェリン(原題:Tangerine)

31日から公開されている「ムーンライト」が非常に現代的なのは、彼の性的嗜好がさらっと、当たり前なアイデンティティのひとつとして描かれていることではないだろうか。

www.siteabout.tokyo

 そこで、「タンジェリン」である。本作はトランスジェンダーの女性たちの日常を3台のスマホ(!)で撮影したという斬新な作品。

28日間の服役を終え、出所間もない主人公のシンディは恋人の浮気を知りブチ切れ。太陽が照りつけるLAを怒り狂いながら駆けずり回る彼女とその友人、移民のタクシー運転手に襲い掛かる災難…。下ネタあり、Fワードありで笑える一方、あたたかな結末にほっこり。

 

こちらは現在Netflixで配信中。


タンジェリン 「予告」


 
■ジョン・ウィック(原題:John Wick)

 今年7月に続編が公開。「やったー!」

最愛の妻を病で亡くした可哀想な元殺し屋の男、ジョン(キアヌ・リーブス)。妻が遺してくれた子犬と平穏な日々を送るはずが、元雇い主のロシアン・マフィアの息子に襲撃されその子犬を殺されてしまう。 復讐に燃え滾るジョン、実はすごく「つよーい!」のである。

 

本作は「マトリックス」でキアヌのスタントコーディネイターなどを手がけたチャド・スタエルスキーの初監督作品。本作は日本のアニメや殺陣、ガンフー、マカロニ・ウェスタンなどから影響を受けたアクションが特徴とのことで、4月29日公開の「無限の住人」は1人VS300人だが、ジョンもそれぐらいの勢いで次から次へと敵をなぎ倒す。繰り返すが、事の発端は一匹の子犬の死である…。気持ちは分かるけど、なんだかシュール。

 

Remove all ads

【スポンサーリンク】