Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

no.11「暗黒女子」(2017)

超名門お嬢様学校の文学サークル、そこはアンティーク家具の揃う美しい部室。

女生徒の謎めいた転落死、雷が鳴り響く嵐の夜に密室で闇鍋…。登場人物には、太陽のようなカリスマ、才能あふれる若き作家、お菓子作りが得意な有名料亭の娘、ブルガリア人と日本人のハーフ、貧しいながらも特待生で入学した努力家、そして太陽に対して月のようだと称されるもう一人のカリスマと、バリエーション豊かな面々が揃う。

f:id:hashiba14:20160810131247j:plain

  ©2017「暗黒女子」製作委員会 ©秋吉理香子/双葉社

一見ベタな設定だが、現実にはありえない、もしくは日常からは遠く離れた場所に本当はあるかもしれない乙女たちのサンクチュアリ。

観客を翻弄させる登場人物たちの意見の食い違いはミステリの古典的な手法ではあるし、W主演の清水富美加と飯豊まりえによる何らかのどんでん返しがあるだろう、という予想はつく。しかしその結末に至るまでのプロセスのなかには、女生徒たちによる裏切り、妬み、そして学園という自由そうでなかなか閉鎖的な空間が再現されており、観る者を楽しませる。

f:id:hashiba14:20160809120557j:plain

  ©2017「暗黒女子」製作委員会 ©秋吉理香子/双葉社

白石いつみによって集められた4人の女生徒たちはそれぞれに黒い秘密を抱えた悪女であり、彼女ら自作の物語はそれなりにインパクトがあるものの、ど こか未完成な印象を受ける。しかしそれこそが白石つくみがいかにカリスマであり誰の手も届かぬ域に君臨していたかということを見事に引き立てるのだ。

そうして、もう1人のカリスマ的存在であった清水富美加演じる澄川小百合がいよいよ衝撃的で美しいクライマックスを語り始める。

f:id:hashiba14:20160816094604j:plain

 ©2017「暗黒女子」製作委員会 ©秋吉理香子/双葉社

女生徒たちの屈託のない笑顔の裏に隠れるヒエラルキー。実際に巻き込まれるのは御免こうむりたいが、野次馬的に彼女らの実態をのぞきみる心地よいやましさと胡乱な妄想欲を満たしてくれる本作は一見の価値あり。

f:id:hashiba14:20160811220657j:plain

 ©2017「暗黒女子」製作委員会 ©秋吉理香子/双葉社

 

◼︎暗黒女子

出演:清水富美加 飯豊まりえ 清野菜名 玉城ティナ 小島梨里杏/平祐奈/升毅 千葉雄大
原作:秋吉理香子『暗黒女子』(双葉文庫)
監督:耶雲哉治 脚本:岡田麿里 
音楽:山下宏明
主題歌:Charisma.com「#hashdark」(ワーナーミュージック・ジャパン)
制作プロダクション:ROBOT 
配給:東映/ショウゲート 

©2017「暗黒女子」製作委員会 ©秋吉理香子/双葉社

公開日:2017年4月1日(土)全国公開

ankoku-movie.jp



■作品紹介
あなたの予測をすべてブチ壊す 驚愕のラスト24分! 学園一の美少女を殺したのは誰?
イヤミスの傑作!「全員悪女×ダマし合い」裏切り!エンターテインメント

学園のカリスマ“白石いつみ”の謎の死——「この中の誰かが彼女を殺した。」
セレブ女子高生たちが通う、聖母マリア女子高等学院。ある日、学院の経営者の娘で、全校生徒の憧れの的だった〈白石いつみ〉が謎の死を遂げる。校舎の屋上から落下したのだが、自殺か他殺か、事故なのかもわからない。やがて、いつみが主宰していた文学サークルの誰かが彼女を殺したという噂が立つ。
いつみの親友だった澄川小百合がサークルの会長を引き継ぎ、部員が自作の物語を朗読する定例会を開催する。今回のテーマは、「いつみの死」。それぞれを“犯人”と告発する作品が発表されていく。
物語は5つ、動機と結末も5つ──果たして真実はあるのか?

イヤミス界の新時代を切りひらく、“裏切り”エンターテインメント!
読んでイヤな気持ちになる最悪の結末だが、後味が悪ければ悪いほど“クセ”になってしまう魅惑のミステリー——<イヤミス>。今や一大人気ジャンルとなったイヤミス界に新たな旋風を起こし、発売直後から「この結末には完全にヤラレた」と中毒者が続出した、秋吉理香子の小説「暗黒女子」が、ついに映画化。
物語が進むにつれて、事件の真相だけでなく、登場人物全員の<黒い秘密>も暴かれていく。美しすぎる女子たちの抱えた<まぶしい暗黒>が解き放たれる時、衝撃と陶酔が一つになる密室ミステリー。5つの告発の果て、史上最悪のラストには、あなたも完膚なきまでにダマされる——!

Remove all ads

【スポンサーリンク】